床に段差をつけることで、空間に変化が生まれるスキップフロア。タテの空間を活かした、個性的な間取りのお家にすることができます。ですが、注意しないと暮らしにくい家になることも・・・スキップフロアのメリットやデメリット、プランニングの際の注意点を、建築士にお聞きしました。

記事の目次

スキップフロアって?

1階と2階の間の1.5階など、タテの空間を活用した場所

スキップフロアは、どんな空間のことでしょうか?床の高さをずらし、1階 ― 1.5階(中2階) ― 2階といったタテの空間を活用するのが「スキップフロア」です。
スキップフロアが効果的なのは、例えば傾斜地に家を建てるとき、土地が高くなったところを中2階にすれば、傾斜を活かした家づくりが可能となります。
また、ビルトインガレージの天井を低めにして、その上にスキップフロアをつくるなど、立体的な空間活用ができるのがスキップフロアの醍醐味です。 

敷地の傾斜を利用したスキップフロアの家。LDKに段差があり、リビングとダイニングキッチンがゆるやかに分かれている。

家の中から愛車を眺められるビルトインガレージ。その上は2階よりも少し低いスキップフロアになっている。

また、建売住宅で見かけることは少なく、注文住宅だからこそできる個性的でインパクトのあるデザインとしてスキップフロアは注目を集めています。また、敷地に対して使える床面積が増やせるため、空間や収納を増やすためにも有効です。

スキップフロアのメリット??

スキップフロアの最大のメリットは、空間を有効活用できること。従来の1階、2階という考え方ではなく、縦空間が広がることで、間取りの自由度がより高くなります。スキップフロアは一定の条件を満たしていれば、容積計算上の延べ床面積に加算されません。そのため、土地に対して実質的な床面積を増やすためにも使われています。

リビングに隣接。スキップフロアが子どもの遊び場に

リビングから0.5階分上がったところにあるフロアが、子どもの遊び場になっているケース。
くつろぐためのスペースと子どもが遊ぶためのスペースが高さで区切られているが、壁もドアもないので、家族の一体感が感じられる間取りになります。大空間にスキップフロアを取り入れることで、くつろぐリビングと、子どもが遊ぶスペースに分けています。

スキップフロアの階下を大型収納に!

キッチンから上階へつながる吹抜けに、子どもたちの遊び場&スタディースペースになるスキップフロアをつくり、その下を大型の物置にしたケース。吹抜けにスキップフロアを設けることで、子どもが遊ぶスペースだけでなく、収納スペースも確保いただけます。

・開放感と楽しさのある間取り

スキップフロアを取り入れることのメリットは、開放感のある空間をつくれることです。床の高さを変えることで、空間が変化しながらつながる楽しい間取りにもなります

無駄なスペースのない間取りが可能

スキップフロアは床の段差によって空間を仕切ることができるため、壁や廊下をつくらないプランも可能となります。その分、部屋を広々と使うことができます。

・収納スペースをたっぷり確保

タテ空間を活用すれば1階と2階の間のスペースを収納にすることができます。収納スペースを増やすと部屋が狭くなってしまいがちな狭小地でメリットが大きいです。

スキップフロアのデメリット?

高齢になったとき階段の多い生活はケガに注意。

開放的で空間を有効活用でき、楽しい間取りも実現できるスキップフロアだが、知っておきたいデメリットもある。

・子どものケガや、高齢になったときの身体への負担

階段での移動が多くなることは、バリアフリーという観点からはデメリットでしょう。
後からホームエレベーターをつけにくいという難点もあります
小さな子どもがいる場合は、階段からの落下などに気をつける必要。また、自分が高齢になったときに段差が負担になり、暮らしにくい家になる可能性もある。

・掃除が大変

階段はすみにホコリがたまりやすい。家のあちこちに階段や段差があるので、掃除をするのが大変。掃除機を持って階段を上り下りするのも、毎日のことだと面倒かも。お掃除ロボットに任せるわけにいかないのが残念。

・間取りのプランニングに豊富な経験が必要

平面での移動だけでなく、階段の上り下りのあることや、高さの違うフロアからの視界には何が入るかなども考えてプランをつくらないと使いにくく、落ち着かない間取りになってしまいます
家事動線に階段が多くて疲れるなど、不満足な間取りにならないよう、綿密なプランニングが必要です。また、施工・設計にも高い技術が必要ですから、経験の豊富な設計会社、施工会社に依頼することが重要です。依頼先を選ぶときには、スキップフロアの施工例があるか、どんなプランかを確認するようにしましょう。

・コストがかかり、工期も長くなる

スキップフロアは複雑なデザインになるほど、コストがかかり工期も伸びます。壁やドアのない大空間が多くても、コストダウンをするのはなかなか難しいので、事前にきちんと見積もりをとりましょう。

そのほか、断熱性について心配する人もいるようですが、家全体の断熱性能が高ければ、壁の少ない開放的な空間にしても問題はありません。スキップフロアも、開放的なだけでなく、壁や扉で仕切るプランもあります。通風や採光、光熱費なども間取りプラン次第です。

マンションをリフォームでスキップフロアにできるか?

天井高を必要としない空間+床下収納スキップフロア

マンションでもある程度の天井高があれば、段差のある空間にリフォームすることはできます。例えば、タテ空間の下3分の1を書庫にして、上をスタディースペースにするプラン。天井が低い空間は落ち着いて集中できるのでスタディースペースにぴったりです。和室も天井高をそれほど必要としない空間なので、床を上げて小上がりにして、下を収納スペースにするのもいいでしょう。
下の空間に本棚を置き、上は広々としたスタディースペースに。マンションでもスキップフロアをつくることで収納スペースを増やすことができる

ロフトベッドなど、少しの工夫もスキップフロア的空間活用

今の住まいをスキップフロアに変えるのは大がかりなリフォームになる。でも、タテの空間を活用するなら小さな工夫でもできる。

子ども部屋によくつくられるロフトもスキップフロアの一種です。ロフトベッドを購入して、上をベッドに、下を勉強スペースに使うのもタテ空間の活用です。スキップフロアの要素を取り入れて、空間を有効活用する工夫をしてみる